シタデルカラー入門

ミニチュアゲームメーカー、ゲームズワークショップの水性アクリル塗料、「シタデルカラー」。

白や黄色といった基本色から、錆や血のり、亀裂の走った地面を表現するための特殊な塗料など、その数はなんと200種類以上!

発色の良さと隠ぺい力、そしてその使いやすさも含め世界最高峰の塗料であることは間違いなし!

 

そしてゲームズワークショップの提唱する『シタデルペイントシステム』があなたのペイントをしっかりサポートしてくれます。

とはいえ最初はその種類の多さに「ベース?レイヤー?何が何だかわからないよ!」という感想を抱いてしまうと思います。

 

なのでこのページでは、誰でも簡単に、楽しく、それでいてハイクオリティなペイントが可能になるシタデルカラーと『シタデルペイントシステム』を紹介します。

シタデルペイントシステム

『シタデルペイントシステム』とは、豊富に用意されたカラーチャートの中から塗りたい色を選び、それに従って指定されたカラーを塗り重ねていくことで誰にでもリアルなペイントが出来てしまうという画期的なシステムです。

 

なので今回は、ゲームズワークショップ社の提供するシタデルカラーのアプリを参考にしながら、実際にシタデルカラーを使い、『シタデルペイントシステム』がどういうものかを簡単にご説明します。

シタデルカラーアプリでは、大量のミニチュアや色味がリスト化されているため、すぐに好みのをカラーレシピを検索する事が出来ます。

インベントリやウィッシュリスト機能も付いているので、名前が覚えにくいカラーのチェックも安心。

slide2.jpg

スプレー

プライマー入りのサーフェイサー(下地塗料)スプレー。

スプレーのガス圧が強く、ムラなく仕上がるので非常に使い勝手の良いスプレーです。

 

黒と白下地用の2種類の他に、後述の「コントラスト」シリーズ使用の際に推奨されている、グレーとアイボリーのスプレーもあります。

​また、いくつかのボトルタイプのシタデルカラーと完全同色のスプレーも用意されており、それらを使用すれば大量のミニチュアのベースカラーや広い面積を短時間で塗る事が出来ます。

購入はコチラ

ベースカラー

「ベース」シリーズは非常に隠蔽力(いんぺいりょく)*の高いシリーズで、黒い下地の上から塗っても綺麗に発色します。

もしはみ出してしまった場合でも、完全に乾いた後に上から重ねて塗るだけで簡単に修正することができます。

 

​塗料の食いつきを良くするプライマー成分も入っているので、色を何層も重ねて塗るミニチュアペイントにピッタリのカラーです。

また、いくつかのカラーには「ベース」シリーズと完全同色のスプレーも用意されており、それらを使用すれば大量のミニチュアや広い面積のベースカラーを短時間でムラなく塗装出来ます。

 

*隠蔽力とは下の色を隠す力のこと。隠蔽力が弱いと下の色が透けてしまい何度も重ね塗りを行わないとムラのない仕上がりを得られません。
 

購入はコチラ

​シェイドカラー

「シェイド」シリーズは、シャバシャバとした粘性の低い塗料で、そのままの濃度で使用します。

ベースカラーでペイントした箇所全体にまんべんなく塗布することで、パーツの溝や凹部に色が溜まり、自然な影を簡単に表現出来ます。

 

他のカラーシリーズ同様に、乾燥後はつや消しになりますが、グロス(GLOSS)とついているシリーズには光沢効果があります。

​購入はコチラ

レイヤーカラー

「レイヤー」シリーズは明るい色のカラーシリーズで、ミニチュアペイントのキモである「重ね塗り」に最適。

『シタデルペイントシステム』では、「シェイド」シリーズを使って作った凹部の影を残しながら、凸部に明るいカラーをペイントしていきます。

「このカラーの上にはこのカラーを重ねて塗るといいよ!」というカラーチャートが用意されているので、90色以上ある「レイヤー」カラーの中からでも迷うことなくレイヤリング・ハイライトの色を決めることが出来ます。

​また、濃度の調整をする事で下地の色を少し透けさせながらペイントできるので、自然なグラデーションを生み出せます。

購入はコチラ

テクニカルカラー・ドライカラー

「テクニカル」シリーズは、台座に盛り付けるだけで様々な種類の地面を作ることができるものや、血や膿を表現できるもの、シタデルカラー専用のうすめ液のようなものなど、特殊表現やワンステップ先のテクニックを手助けしてくれるシリーズ。

「ドライ」シリーズはその名の通り、ドライブラシ*用にデザインされたシリーズで、とても粘性が高いのが特徴。エッジ部分を際立たせるのはもちろん、広い部分に使用すれば簡単にリアルな質感の金属や木の表現が出来ます。

*ドライブラシとは水を使わず筆についた少量の塗料を、ミニチュアに擦りつけるようにペイントすることで凸部だけにカラーを付けることができるペイント方法です。

購入はコチラ

コントラストカラー

「コントラスト」シリーズは筆で使用することの出来る染め塗り用クリアカラーシリーズです。

「色を付ける」ような感覚で使用し、「ベース」と「シェイド」カラーを施したような塗装を一手間で施す事が出来ます。

「ベース」や「レイヤー」カラーに比べると粘性が低く、奥まった部分などに出来る「塗料の溜まり」を意識してペイントすると美しいグラデーションを生み出せます。

ペイント前の下地の色によって色合いが変化するほか、専用のうすめ液「コントラスト・メディウム」を使用した濃度の調整や、「コントラスト」シリーズ同士の混色などを使用すれば、より表現の幅が広がります。

購入はコチラ

速乾!無臭!シタデルカラーを使ってみよう!

塗料を取る

飛び散らないように慎重に蓋を開け、筆や調色スティックを使って塗料をパレットに移します。

よく振ってから開けると内蓋の突起部分に絶妙な量の塗料が溜まっているという、何とも機能的なボトルデザインです。

水で薄める

パレットに出した塗料を、水を含ませた筆でぐるぐると、慣らすように混ぜて薄めます。均一に混ざるようにしっかりぐるぐる。

ここで一度筆をしっかり洗い、余計な水分もふき取ってください。

塗る

適量を筆に含ませ塗っていきます。

下の色が透けてしまう場合は、完全に乾くのを待ってから塗り重ねていくと綺麗に仕上がります。

塗料の乾燥がとても速いので、同じ色を塗る場合でも筆を小まめに洗って水分をしっかり拭き取りながら作業してください。

パレットの上の塗料にもちょこちょこと水を足し、塗りやすい濃度を保ってあげましょう。

シェイド

シェイドシリーズはたっぷりと大胆に使うと効果がはっきりとわかりやすいので、含みのよい筆がオススメ。

薄く塗り広げるよりも、奥まった所に溜めるくらいのイメージでペイントすると陰影がしっかりと出ます。

​薄めて使いたい場合は水ではなく、「ラーミアン・メディウム」で薄めます。

コントラスト

コントラストカラーは独特の流動性と気持ちのいい発色が特徴の、ミニチュアゲームペイント超実戦的カラーシリーズ。

少ない時間で簡単に色の塗り分けが出来ます。

上手くコントロールすれば、美しいグラデーション表現を少ない手順でペイントすることも可能です。

繊細な箇所

細かい部分の塗り分けや、細い線のペイントを難しいと感じた時は、含みのよい、芯のしっかりしたコシのある筆を使うのが一番の近道。

小さ過ぎたり細か過ぎる筆はかえってコントロールが難しかったりするので、練習が必要です。

ドライカラー

「ドライ」シリーズは固形に近い状態で入っている時もあり、最初は驚くかもしれません。

パレットやキッチンペーパーの上で、筆で練り潰すように広げ、塗料をほどほどに落としてから使用します。

エッジのハイライトや、重厚な質感表現に適した独特で明るめのカラーが多いのも特徴。

ドライブラシ

筆についた塗料を擦りつけるようにして色を付ける塗り方。

乾いた状態で筆を使うため、筆にかかる負担は結構ハード。

使い古した筆を使うのもいいですが、ドライブラシ用のコシがある硬い筆を使うとコントロールもしやすく、狙ったところにしっかりとカラーを乗せることが出来ます。

地面を盛る

ペースト状になっている「テクニカル」シリーズで地面を盛り付ける場合、厚みにバラつきを持たせるように塗り広げると表情がついてリアルな地面に。

扱いやすい両端の大小のヘラと、絶妙なしなりの​「シタデル テクスチャー・スプレッダー」がオススメ。

メタルミニチュアをペイントする前に

パーティングライン

メタルミニチュアは、型に金属をたいやきのように流し込んで生産する過程で、パーティングラインと呼ばれるスジが出来てしまいます。

写真ではわかりにくいかもしれませんが、これをそのままにしてペイントすると余分なモールドとしてくっきりと浮き出てしまいます。

やすりがけ

そんなパーティングラインは棒ヤスリで削り取ってしまいましょう。

​これとは別に細かいバリがついていることもあるので、ニッパーやデザインナイフがあるとさらにGOOD。

真鍮ブラシ

プライマーで下地塗装する前に真鍮ブラシをかけ、表面を磨き、整えます。

わずかな細かい傷が塗料の食いつきを良くし、剥がれを予防してくれます。

​スプレーなどを吹く前にメタルプライマーも使用するとさらに安心。

ペイント入門バナー.jpg
slide2.jpg

〒112-0011 東京都文京区千石4-38-10 馬場ビル2F Tel 03-5913-8911

© 2010 GIANTHOBBY INC. All Rights Reserved.