40K キルチーム

先週の土曜日にウォーハンマー40Kのミニルール「キルチーム」のイベントが行われました。

編成ポイント200点と小規模ながらミニチュア1体、1体が別々の単独ユニットとして動くスカーミッシュゲームです。

 



スキタリVSケイオスカルティスト

40人のカルティストが戦場端までたどり着くまでに、スキタリがどこまで敵の数を減らせるかというミッションでした。

撃てば倒せるカルティストでしたが、数に物を言わせてぞろぞろと迫ってきます。

中々お互いにギリギリの戦いでいいゲームでした。

 



スペースマリーンVSネクロン

攻撃力に勝るマリーンでしたが、ネクロン復活に悩まされのはキルチームでも同じです。

マリーンの後ろにスカウトが付きカバーをもらうといった、キルチームならではの場面が見れました。

 



なんと兵士の数が5人しかいないという超エリート編成で挑んだ、スペースマリーンホワイトスカーヴァンガードベテランチーム。40人のカルティスト相手に見事勝利!実にヒロイックなプレイでした。

 

「キルチーム」は200ポイントと小規模ながらリーダー、スペシャリストとなどの特殊能力を持たせてヒロイックなプレイができる楽しいゲームでした。

40Kの通常ゲームの合間などに遊んでみてはいかかがでしょうか?

それではまた!(千葉)