「ティラニッドウォリアーできるかな?」⑧

こんにちわ、「ティラニッドウォリアーできるかな?」の連載を担当しておりますティラ田ニド吉です。あまりの更新の遅さにクレームが殺到しているとの報告をジャイアントホビーの二人に指摘され、慌てての再開スタートです!!・・・とか言ってるところにクレームきそうだな。よっしゃー、今回は細かいところを重点的にやっつけちゃうぞ。

ティラニッドアーミーの各モデルの特徴的な部分でもあり、パッと見の印象を決定付けるのがこの甲殻部分ではないでしょうか?それだけに肌との色のバランスに気を使って格好良くペイントしたいところです。今回は肌部分をかなり明るい感じまで上げていったので、甲殻はやや渋めに仕上げてはっきりしたコントラストができたらいいなぁと思ってます。ということで選んだのは黒。まずは肌を塗っていた時にはみ出した部分をベースカラーの「ABADDON BLACK」で補修しました。そして次にレイヤーカラーの「SKAVENBLIGHT DINGE」を使い、甲殻の端や尖っている箇所を、線を引くような感じで明るくしていきました。画像で伝わるかなぁ?

次の段階ですが、黒を明るくしていく場合グレーや白を混ぜていくのが基本ですが、今回は少し「生き物っぽさ」が欲しかったのでエッジカラーの「KREIG KHAKI」を混ぜていくことにしました。この色はやや緑味がかったクリーム色をしていて、有機的な感じがでるかなーと思いチョイスしました。ということで「ABADDON BLACK」と「KRIEG KHAKI」を2:1で混ぜたものでハイライトです。そして最終段として1:1まで明るくした色を最先端部にちょん付けしました。もうちょっと明るくしても良かったかなと思いつつ今回はここまでにして最終的なバランスを見ることに。これにて甲殻は終了。

肌と甲殻というメインの2箇所が終わったのでかなり仕上がりのイメージが見えてきました。ん~いい感じ。

お次は武器です。「ヴェノムキャノン」という名前も見た目も超かっちょいいコイツを塗っていきます。ティラニッドの武器は一見手持っているように見えますが実は体の一部分という設定になっています。いかにその辺りをうまく表現できるかがポイントです。

銃身のゲジゲジ部分は肌を塗る際ににシェードを入れた状態にさらにシタデルグレイズシリーズの「BLOODLETTER」を入れてちょっと赤みを足しています。このグレイズシリーズというのはシェードよりもだいぶ濃度の薄い塗料で、「色をつける」というよりは「色味を変える」程度にふんわり染まってくれます。これが乾いたら一旦「ABADDON BLACK」で全体を補修。その後「DARK REAPER」→「RUSS GREY」→「BLUE HORROR」→「WHITE SCAR」の順に根元に向かって明るくなるようにハイライトを入れました。銃身は黒なんだけど腕に近づくにつれ肌の色に馴染んでいくというグラデーションによって、設定通り体の一部感もあり、かつ武器としての主張もあるというなかなかいい具合に仕上がりました。個人的にはこの武器のペイントが今回の一番のお気に入りポイントです。カッコいいぜヴェノムキャノン!!

舌を塗りました
舌を塗りました

お次は口周り。やっぱりティラニッドは口が命!!全体的にティラニッドは体にこちゃこちゃした小物をあまりつけていないので、口は非常に重要なアクセントになります。「SCREAMER PINK」→「SCREAMER PINK」と「WHITE SCAR」を1:1→「WHITE SCAR」の順にハイライト。完全に全部仕上がったら塗膜保護用のつや消しスプレーを吹くのですが、その後グロス(つや出し)を塗って体液でべちゃべちゃの感じを出す予定です。

完成間近!!
完成間近!!

どんどんいくよー。それぞれの塗る面積が小さいのでサクサク進みます。ゴーゴー。お次は爪!!現在は肌のゲジゲジ部分と同じ色になっているので、ここから先端に向かって逆にグラデーションをかけ、最終的に先っちょが黒になるようにしてみます。一般的に爪の色を塗るときは先端が白になるようにグラデーションをかけますが、今回はそこを逆にすることによって凶暴性アップ効果を狙ってみます。なんじゃそりゃ?

「BUGMAN'S GLOW」にちょっっとだけ「ABADDON BLACK」を混ぜたもの→「ABADDON BLACK」とグラデーションをかけてみました。

 

いよいよ完成間近です。

というわけで結果的に長らく続くことになってしまった「ティラニッドウォリアー間に合うかな?」じゃなかった、「ティラニッドウォリアーできるかな?」もいよいよ残すところあと18回。...ってそんな塗るとこねーよ!!

 

あと1回です!!次回最終話『バラージウェポンは突然に』。うまくいくと思われた二人のウォリアーを、引き裂くように降り注がれるバラージウェポンの雨。傷3を無視する無情な即死攻撃の前にはたして二人の運命は?衝撃のラストを見逃すな!!