「ティラニッドウォーリアーできるかな?」④

長らく引っ張りましたが、遂に投じられた第一投!!

まずは、ミニチュアの大部分を占める肌を塗ってしまうと塗りづらくなるであろう、間接部と口の中からスタートです。細かいところですが、ここを先に仕上げておかないと肌が仕上がった後にそこを汚さないように塗らなくてはならなくなります。これは非常に神経を使います、っていうか無理です。無理ゲーです。逆に今の段階なら間接部を塗っていて肌にはみ出しても、肌を塗る際に上塗りしてしまうので多少はみ出してもまったく気にしないで大丈夫!!大きな面から筆を入れたくなりますが、このように細かいところからスタートするというのも一つの手ですよ。

 

今回は間接部に「ABADDON BLACK」、口の中と皮膚上に点在するビガビガしてるところに「SCREAMER PINK」を入れました。

まだ筆をいれてないものとの比較を見てもほぼ変わりません。かなり気合を入れて投じた一投目でしたが、なんとも地味な立ち上がりとなりました。ん~、先々の為とはいえ達成感ないなぁ。早く肌を塗りたいぞ!!