「ティラニッドウォ-リアーできるかな?」②

ちょっと間が空いてしまいましたが第二回です。

 

前回の続きで腕を取り付ける作業にかかります。なんといっても躍動感を出す為の主力パーツですからね、ミニチュアパーツ会の花形です。文字通り”腕が試される”といったところでしょうか。・・・。

 

今回はウォーリアーのBOX内に入っていない「ボーンソード&ラッシュウィップ」という装備のものチョイス。敵ユニットの【敏】を1まで下げたうえでアーマーセーヴィング無視の攻撃を繰り出すという非常に強力(であって欲しい!!)な武器ですが、ダイレクトでしか購入できないうえファイキャスト製のため、【作業スピード】まで1に下げるという優れものです。キーッ。おまけにファインキャスト製なのでプラ用セメントでお手軽に接着もできません。やってくれるじゃないの!!今回は万全を期すために真鍮線を入れることにしました。

 

胴体パーツに当ててみて角度や位置のあたりをつけたらピンバイスで穴を開けます。ファインキャストは非常に柔らかいので簡単に穴が開きますが、調子に乗っていると貫通するのも簡単なので注意が必要です。貫通するのは敵の装甲だけで十分です。

開いた穴に瞬間接着剤を少量流し、長めの真鍮線を差し込みます。画像は長すぎです。今回使用したのは1㎜のものですが、パーツの大きさによって太さは調整しましょう。

続いて胴体部分にも穴を開けます。こちらもプラなので楽チン。仮組みしてみて、十分に刺さるけど浮いてしまわない程度の長さに真鍮線をカット。

後は瞬間接着剤で固定してやれば完成です。これでちょっとやそっとじゃ外れない頑強な腕ができました。ティラニッド最大の敵はマリーンでもオルクでもなく運搬である、とまで言われるほどなので、面倒臭がらずにこういう作業をやっておくと、あとあと効いてくると思いますよ。まぁ、そもそもこの形状の時点で強度ウンヌンじゃない運搬の問題はでてきそうですが・・・・。

この調子で全ての腕に真鍮線を取り付けていると・・・、でました!!悪名高い奴を発見!!そうです、「気泡」って奴ですね~。画像じゃわかりにくいかもしれませんが、上腕付け根の間接付近にポコッと穴が開いています。ティラニッドの皮膚だったらこのくらいの穴は開いてそうだし・・・、スルーしちゃぉ・・・ばかもーん!!甘えた自分に渇を入れつつ、補修作業に入ります。ファインキャスト製は、ものによっては気泡がかなり入ってしまっている事もあるので、見つけたらチャチャッと埋めてやりましょう。

 

 

今回使用したのは、ファレホのプラスチックパテ。カラーと同じように筆やヘラでさっと一塗り、乾いたら軽くヤスリをかけて表面をならしてやればOK、というお手軽なもので、気泡埋めのようなちょっとした作業にはうってつけの一本です。¥290にて取り扱い中!!

あっという間にこの通り。ってか画像じゃ全然わからんね。

ババーン!!

 

そんなこんなで出来上がった我らがティラニッドウォーリアーブロッドの雄姿です。おおぉ、いかちぃ。

これ多分腕は別で塗って、後で接着した方が塗りやすかったんだろうなー、なんて思いつつもそこは勝てないのが世の常(?)。付けちゃいました。

個人的にはこのモデルとして完成した瞬間の、うぉー!!かっちょいい!!というテンションがペイントへのモチベーションに繋がるので、割といつもやっちゃいます。良い子は真似しない方がいいかもしれません。

 

ということで第二話「俺が、俺達がティラニッドだ!!」はこれにて終了。

 

第三話「駆り立てるのは野心と欲望、横たわるのは犬とタウ」をお楽しみに!!ばいなら。