「ティラニッドウォーリアーできるかな?」①

最近、特に週末の店内では、現在開催中のウォーハンマー40kイベント「INVADERS」参加者の皆さんが血眼になって 楽しそうに新アーミーのミニチュアを組み立てている姿が目に付きます。わたくしめも「ティラニッド」にて参加を表明しているので、この機会にブログの場をお借りして組立・着色のレポートをしていきたいと思います。特にこれから始めようと思っている方や、漠然と自分のやり方に慣れてしまっている方にとって、少しでも参考や刺激になってもらえればなーと思いますよ。

 

ということで今回チョイスしたのは、ティラニッドの花形(と勝手に思い込んでる)トループユニット、「ティラニッド ウォーリアーブロッド3体入り」です!!うぉー!!いいぞー!!かっちょいいぞー!!

 

箱から取り出すとこんな感じで大量のランナーがお目見え。

テンションMAX。

早速パチンパチンと、各パーツをニッパーで切り出していきます。このときいきなりパーツぎりぎりで切り出そうとすると切り口がえぐれてへこんでしまったり、切ってはいけない部分を切ってしまったり、とロクなことになりません。画像のようにパーツ側に多少ランナーを残しながら切り出していき、デザインナイフなどで余分に残したランナーを削っていった方が綺麗に仕上がります。

ちょっとこの画像ではわかりづらいかもしれないけど、パーツを上下に分断するように線が入っているのがわかるかな?こいつが世にも悪名高い「パーティングライン」という奴です。これはランナーを成型する際にできる継ぎ目なのですが、これを残したままにしておくと色をつけた時に生時よりもくっきりと浮き出てきてしまうので、仕上がりを落とす結果となります。面倒でもしっかり取っておきましょう!!

刃がパーツに入ってしまわないように進行方向に少し寝かしたデザインナイフをパーティングラインに沿って動かしてやると、簡単に除去できます。・・・が、この画像じゃわかんねー。詳しくは店頭で!!

 

最近はこの作業に特化した「セラブレード」というセラミック製のナイフなども出ているので、そういった工具を使うのもオススメです。とても作業がしやすいです。ジャイアントホビーでも販売してます。詳しくは店頭で!!

 

ネクロンメガフォース¥32500にて販売中。詳しくは店頭で!!

 

 

 

 

 

CMも終わったところで、パーツの方もこの通り。ウォーリアーさんのおみ足もすべすべお肌に生まれ変わりました。この調子で各パーツを綺麗にしていきます。めんどくせー。

 

尻尾も・・・

 

この通り!!

一通りパーツを綺麗にしたらプラ用セメントを使って接着します。ぶじゅ~って出てこない程度に接着面の両面にセメントを塗り、しっかり押し付け、隙間を埋める感じで圧着しましょう。ぶじゅった箇所は乾いた後でヤスリをかけて綺麗にしますよ。画像の上半身も前後でパーツが分かれているのですが、目立つであろう肩装甲などは継目がでないように頑張ってやすりをかけました。頭がくっつくヘコミの部分は見えなくなりそうだったので、そのまま放置。「抜くとこ抜くのも技術なり」なんていう格言もあったとかなかったとか。

 

今回は4体編成のユニットを作る予定なので同じ作業は流れ作業でまとめて行っています。この辺のやり方は向き不向きがあると思うのでお好みで。個人的には一つのユニットは全部同時に塗った方がまとまり感がでて好きなので、3体入りBOXをここで1箱買い増し。4体にして作業続行です。

完成形のバランスをイメージしながら組み上げていきます。どうこの雄姿。男の子なら誰でも持ってるモンスター魂を揺さぶられまくっちゃうねー。ちょっとした向きや角度の違いでとても生き生きとした仕上がりになったり、また逆に棒立ちっぽくなってしまったりと、割と奥が深いのがこの組立作業。ここの作業が一番好きって方も多いのでは?

 

ということで第一回目はここまで。

うぉ~い!!組立完成までいかんのかい!!という中途半端なところで終わりです。間に合わなかったんだもーん。エヘヘ。

次回「ウォーリアー大地に立つ!!」をお楽しみに!!

 

あ、もう大地には立ってるか。

 

じゃ、第二話「ウォーリアー破壊命令」をお楽しみに!!

 

破壊しちゃダメー!!

 

とにかく次回もお楽しみに!!