VS 合体ロボ!!

本日は昼間から遊びに来てくれたお客様とサイクロプスで対戦。お試し中のNEWルールも交えての150pに興じたのでした。

これがお客様の初期配置。

・・・・おおっ!!奥に鎮座しておられるのはペイントコンテストにエントリーしてくれていた「合体マシ-ナリ-」じゃあねーすか。もちろんゲームで使用するのは初めてとのこと。「インビンシブル」「機甲3型」「機甲4型」「白兵6型」という成分でできたこの化け物は、【攻】8 【防】8 プロテクション、リフレクション、掃射、トンネル堀り、ブースト、というファットなサイズと多彩なアビリティを持つオールラウンダーで、オーブを取れないという致命的な弱点はもちつつも脅威の盤面制圧力です。楽しみ~。

一方迎え撃つは「アーク・T・ロア」を軸に据えたこの編成。150pを「アークさん」「ソードマン」「火薬ジャンキー」「スピアマッシュ」だけで構成したソリッドなつくりとなっています。何回サイクロプスができるかが鍵ですな。

あろうことかマップの配置は「城壁」、しかも後攻。全体的に線の細いアーク編成には、進行ルートが限られているこの状況はちょっときついか?!一方の巨大マシーナリーはマップ中央に鎮座。射撃ももっているので、この位置でほぼ全ての進路を睨まれています。んー恐ろしい。

 

とはいえ前にでないことにはどうしようもないので、5ターン目に最初の「サイクロプス」。サイクロプス中だけ大きくパワーアップするアークさんの能力「テランザム」を活かし化け物の背後につけました。これはいったかと思いきや、がっつり防がれわずか1ダメ。これじゃ駄目。

挙句、わずかに飛ばした勢いまで利用され、逆サイドを駆け上がる軽量ユニット軍団が崩壊のピンチ。ただ、ここはお客様のしょっぱいやさしい出目に救われ、被害は最小限ですみました。

再び睨みあう、アーク・T・ロア。お互いサイクロプスのタイミングを計りながらの一進一退の攻防。かなり「CYCLOPS」には慣れているお客様だったので、このあたりのやり取りは大変おもしろかった。

そして、いよいよ最終局面。うぉー、私だいぶ押し込まれてるじゃないっすかー?!やられちゃうじゃないっすかー?!

 

え?

 

よく見るとこの状況って合体マシーナリー超ピンチじゃないっすか。

どうなるどうなる?

そして、ゲーム終了。お互いオーブを取り合いながらも、今回は本数の差で私めの勝利となりました。イッヒッヒ。

いやー笑った笑った。全編通してかなり展開が面白く、楽しませてもらいました。150pいいねぇ、おもしろい。

 

そーいや、今回の目玉の二人はどうなったのかしら?

チーン。

・・・ですよねー。

 

ぜひ皆さんもお店にミニチュアもって遊びに来てくださいね。