スタッフ・ジャイアント加藤の自腹プライベート編成125pを徹底解剖

 

3月の1dayリーグにプレイヤーとしてガチ参戦(そして優勝ならず・・・)した際の編制を大公開&解説したいと思います。

今回は、編制の途中変更が出来ない大会への出場を意識し、どんな編制が相手で、どのマップで対戦することになってもなるべく不利がつかないで戦うことができる「全対応型万能編制」というのをコンセプトに編成を考えました。実際大会で使ってみた感想は、良く言えばコンセプトどおりの万能編制、悪く言えば尖ったところのない器用貧乏といった感じでしたが、いろんなことができるので使っていてなかなか楽しい編成です。

 

それでは、各ユニットごとに解説していきたいと思います。

 


ユニット1

 石壁ゲンドル ×1

強襲2型 ×3

【攻】5【防】6 【コスト】60P

【移動タイプ】ビット

 

このユニットはゲンドルによる安定感のある防御力と、強襲2型3体による機動力をいかして立ち回る、この編制の主力ユニットです。主力とはいっても何往復もしてオーブを取りまくったり、ガンガン戦闘を仕掛けて相手ユニットをブレイクさせまくるといった派手な活躍ができるスペックは持っていないので、相手主力ユニットやオーブを牽制しながら常に戦場に居座ることがこのユニットの一番の仕事となります。どうしても抜かせたくない所をガッチリガードしたり、ここ一番では移動タイプをファストに変えオーブをさらいに行けたりと、なかなか強力な汎用性を持っています。また、強襲2型のアビリティ「急襲行動」の空撃ちによる魔力調整*という大事な仕事も担っています。

 

*魔力調整・・・魔力のパンクを防ぐために溜まりすぎた魔力を適度に消化していく作業 

 


ユニット2(30p)

モール族の腐れスナイパー ×1

スピアマッシュ ×2

【攻】3 【防】3 【コスト】28P

【移動タイプ】サイドワインダー  

 

このユニットはサイドワインダーによる横移動能力を利用しながら好位置をキープし、攻撃力のあるスナイパーの射撃で軽量ユニットを迎撃するのが主な任務です。スナイパーの持つアビリティ「狙撃」はとても頼れる飛び道具なので、スナイパーは1体でも十分活躍できちゃいます。また、マップによってはサイドワインダーの横移動がオーブを取りに行くのに大活躍しちゃうんじゃないかなぁと甘い期待を抱いたりしてます。

 

 

 

ユニット3

 戦斧の兄弟 ×1

【攻】1【防】3

【移動タイプ】ビット 【コスト】24P

 

大会へのガチ参戦企画が持ち上がった時に最初に選んだ、実はこの企画の裏テーマでもあったりするクリーチャー「戦斧の兄弟」です。普段の【攻】は1ですが、魔力3を支払えば【攻】10・攻撃判定+1という破格の攻撃を繰り出すことができます。こんなロマン兵器使うっきゃないでしょ。今回の編成はやれることを増やそうとしすぎた結果、尖がった強さを持つユニットがいなくなってしまったので、この破壊力は頼もしい懐刀となってくれます。足遅いですが。

 

 

軽量ユニット1

 オーミット ×1

【攻】0 【防】1 【コスト】3P

【移動タイプ】ビット      

 

小ベースに1体乗せた「オーミット」。お店での対戦や大会では良く見かける、おなじみのユニットです。わずか3pでオーブを3個取ることができ、防御力も持っているので、余ったコストを埋めるには便利なユニットです。

軽量ユニット2

ナッティソードマン ×1

【攻】1 【防】1 【コスト】10P

【移動タイプ】ビット

 

なかなか結果が出せず、弱いんじゃないか疑惑をかけられている「ナッティソードマン」に対して出した一つの答えがこれ!!【防】1の軽量ユニット勢に対してめっぽう強い(?)一騎打ちマシーン。爆発力はないですが、着実に相手の一人乗り軽量ユニットを押し返してくれます。このユニットは大会で使ってみて、なかなか使い心地が良かったのでオススメです。


 

 


といった感じのジャスト125Pでした。

皆さんが編制を考える際にでも、参考にしてみてください。

まあ、参考にするったって結果残してないけどねぇw

 

大会では優勝を逃しましたが、お店用サンプルではない自分のミニチュアを使っての対戦はやはりエキサイティングで、とにかく楽しませていただきました。みなさんありがとうございました。またその内ひょっこり参戦しよーっと。

今後はお客様の編制紹介とかやっていこうと思っているのでお楽しみに!!

 

ではでは。(Kato)