戦火渦巻く暗黒の遠未来に存在する工業惑星・ネクロムンダ。

ギャング同士による下層都市での熾烈なナワバリ争いは高円寺でも起きていた!

 

発売から約半年以上…

一部でじりじりと話題になっている「高円寺ネクロムンダ」がようやく始動します!

 

こちらは「高円寺ネクロムンダ」キャンペーンレギュレーションページです。


高円寺ネクロムンダ 

キャンペーンレギュレーション Ver.1.30

(6/20最終更新:「FAQ」追加、「戦術カードについて」更新)

 


■開催場所

ジャイアントホビー(通常のプレイスペース料金がかかります)

 

■キャンペーン期間

本キャンペーンは6/10(日曜)を開始日とします。

リアル時間の1週間を1サイクルと呼びます。

開始日から数えて6サイクルを「抗争期間」とし、その後の2サイクルを「休戦期間」とします。

本キャンペーンではこの合計8サイクルを「シーズン」と呼びます。(gw.Ⅰ-p12)

キャンペーン立ち上げの段階では最低でもシーズン2まで遊ぶことを予定しています。

 

■参加方法

 ジャイアントホビー高円寺店舗にて、キャンペーン参加の意思をスタッフにアツく伝えてください。

キャンペーン開始後、途中参戦も可能です。詳しくは下記FAQをご覧ください。

 

■抗争期間

抗争期間とは、各自自由にゲームをしてギャングを育て、縄張りを広め、名声を集めていく期間です。この期間中により多くの名声を集めることが主な目標となります。

 

 

■休戦期間

休戦期間とは、次のシーズンへむけた準備をするための期間です。

自由にゲームをすることも可能ですが、休戦期間中に得た経験値や名声、収入などは一切キャンペーンに反映されませんのでご注意ください。

 

 

■マッチング

 

キャンペーン用にTwitterのグループメッセージを用意してあります。抗争期間中であれば自由に呼びかけ合ってゲームをしてください。

 

 

■調停人について

このキャンペーンを統括するゲームマスターです。

各ゲームの結果は調停人へ報告することで初めてキャンペーンへ反映されます。(gw.Ⅰ-p11)

報告のし易さを考慮し、ジャイアントホビースタッフのむっちょ氏(@mutcho107)を調停人とします。

なお、調停人のキャンペーンイベント(gw.Ⅲ-p44)のルールも使用予定です。どのイベントが発生したかはTwitterのグループメッセージにて調停人より報告されます。

 

 

■調停人への報告について

ゲームを終え、戦闘後シークエンスの処理が全て解決したら、調停人へ結果を報告してください。

調停人への報告が必要なものは以下です。

・ギャング名と所属ファミリー

・ギャングレート

・名声

・縄張り数

・スペシャルテリトリー数

・捕虜(囚われてるファイター名と相手ギャング名)

各ギャングの状態は店内のキャンペーン専用ホワイトボードにて常に管理されます。

次の対戦相手を決める目安に利用してください。

 

 

■使用するミニチュアやサプリメントについて

公式から出ているサプリメントは全て適用とし、その中から好きなオプションを自由に使用してかまいません。

キャンペーン中に新しいミニチュアやサプリメントが発売された場合も同様とします。

(ただしエラッタ等が出てる場合は最新のものを使用すること。)

また、ファイターカードの内容とミニチュアの持っている武器は必ず一致させてください。ウォーギアなどの細かいパーツについては可能な限り一致させ、見た目と違う場合は必ず対戦相手に説明をしてください。

 

 

■初期クレジットについて

各自1000クレジットに収まるようにギャングを編成してください。

(余ったクレジットはロスターシートの備蓄品欄へメモしておくこと。)

 

 

■戦術カードについて

ハウス限定のカードはそのハウスでしか使用できません。 デッキの枚数に上限はありませんが、最低10枚、同じカードは1枚までとします。

 

 

■ゾーンと頂上決戦について

シーズン1は「ハイサークルテンプル・セクターⅠ」というひとつのゾーンで覇権を争うことを予定していますが、参加人数が増えた場合はゾーンを複数に分ける可能性があります(gw.Ⅰ-p12)。

抗争期間の最終サイクル終了後、各ゾーンの名声ポイント上位2名による頂上決戦を行います。(gw.Ⅰ-p26)

頂上決戦の勝者は次のシーズン開始時のギャングレート上限が3000となり、その他の参加者は2000となります。(gw.Ⅰ-p27)

 

 

 

■FAQ

 

Q.キャンペーンの参加には何が必要?

A.最低限必要なものは以下です。

基本セット

1000クレジット分のギャング

ギャングウォーⅠ(キャンペーンルールの把握用)

ギャングウォー最新巻(エラッタも兼ねるため)

ロスターシート(ネクロムンダ公式サイトでpdfがダウンロード可能)

 

Q.ゾーンモータリスとセクターメカニカス、どっちのルールで遊ぶの?

A.その都度対戦相手と相談して決めてください。

ただし、頂上決戦は必ずセクターメカニカスのルールと遭遇戦(gw.Ⅰ-p55)のシナリオを使用することとします。

 

Q.ゲームのときに使用するシナリオは?

A.(gw.Ⅰ-p20)を参照してください。(gw.Ⅰ-p52)のデザイナーズノートを読んでおくことを強くお勧めします。

 

Q.途中参加だとつらくない?

A.基本的には弱肉強食のスタンスでキャンペーンを運営する予定ですが、ネクロムンダには弱いギャングほど有利になるルールがいくつかあります。上手く活用してみてください。

(あまりにも格差が生じるようであればシーズンの移行時に対策を検討します。)

 

Q.負けすぎて詰んだんだけど?

A.そのギャングで続けるのがこれ以上無理と判断した場合、キャンペーンの途中であっても「新しいギャングを編成する」(gw.Ⅰ-p27)のルールを使用してかまいません。

その場合は必ず調停人に報告してください。

また、ランダム要素はありますが「ファミリーからの支援」(gw.Ⅲ-p50)を得ることも可能ですのでこちらも検討してみてください。

 

Q.ゲームする時間が取れないサイクルがあるんだけど、その場合は縄張りからの収入は貰えないの?

A.一度もゲームをしていないサイクルがあった場合、そのサイクルの最終日に収入を得てください。

ただし、スペシャルテリトリー等のルールによって何らかのダイスロールが必要な場合は、時間のあるときにまとめてでかまいませんので、必ず調停人か対戦相手の前で行ってください。

 

Q.武器特性のノックバックを利用して、相手ファイターを「地形ダメージ」、「即死地形」、「落下ダメージ」で戦闘不能にしたら、ボーナス経験値は発生する?

A.この例に限らず、ひとつのアクションの処理が完全に解決される間に発生した戦闘不能は、そのファイターが戦闘不能にしたものとします。

(つまり、戦場に設置したトラップなどがのちのターンに誰かを戦闘不能にしても、ボーナス経験値は発生しません。)

 

Q.「毒性武器」ってアーマーセーヴできるの?

A.これについては海外などでも議論が続けられ、答えが出ていません。公式のエラッタが出るまで、本キャンペーン内ではアーマーセーヴは不可能として処理してください。

 

Q.参戦ファイターがランダム方式なのに、その人数が書いてないシナリオがいくつかあるけど?

A.おそらく誤植と思われます。エラッタが出るまではランダム方式(d3+7)で選出することとします。

 

Q.休戦期間中に引退したファイターを再雇用した場合、永続的負傷は引き継がれるの?

A.同じ人物である以上、引き継がれます。

 

Q.戦闘前シークエンスで雇用した傭兵をそのシナリオ中に使用しなかった場合、傭兵の雇用は解約されるの?

A.そのバトル限りの契約となるので、実際に出撃したかどうかに関係なく、バトル終了後に解約されます。

 

Q.潰走テストに失敗して逃走したファイターは永続的負傷ロールを振らないといけないの?

A.シナリオの勝敗を判断する上では戦闘不能としてカウントされるというだけで、永続的負傷ロールは必要ありません。

 

Q.ハンドグレネードカテゴリの装備は武器スロットを消費するの?

A.消費します。たとえダメージの発生しないグレネードでも武器とみなします。

 

Q.ジュヴの装備制限がよくわからない

A.彼らはギャング編入時、ひとつにつき20クレジットまでのピストル及び白兵戦武器しか装備できません。

ただし、一度編入したあとであれば追加で持たせる装備の価格上限は無くなり、高額な装備を持たせることも可能になります。(gw.Ⅲ-p12)

 

Q.ギャングレートを計算するとき、備蓄庫に入っている装備もポイントの計算対象になるの?

A.計算対象になりません。所属している全ギャング(ハンガーオンやブルート含む)のクレジット合計値を計算してください。


Q.白兵戦中、「炎上」状態のファイターは反撃できる?

A.現行のルールでは可能とします。

 

※質問があれば随時更新します。