キルチームをはじめる
killteam.png

ウォーハンマー40,0000 キルチームは、人類が宇宙に進出してから4万年後、暗黒の41千年紀を舞台に繰り広げられる、様々な種族の戦いをテーブル上で再現するターン制のゲームです。
ミニチュアがそれぞれポイント(コスト)と能力値を持っており、各分野に長けた兵たちからなる先鋭部隊(キルチーム)をプレーヤーが各自編成して対戦します。

このページでは、ウォーハンマー 40,000 キルチームをゼロからはじめる際に必要な物や、楽しく続けるためのアイテムを紹介します。

絶対に必要なもの

コアマニュアル

コアマニュアル.jpg

 

 

 

 

ウォーハンマー 40,000 キルチームの基本ルール。
プレイヤーが各ターンで行える、ミニチュアの移動、攻撃方法などの戦闘の手順や、データシートの見方、ゲームにおける用語などの説明が記載されている。
ゲームの勝敗、シナリオでの目標の達成などで自分のキルチームを成長させることが出来るキャンペーンモードのルールも収録されている。

ミニチュア

minis.jpg

ウォーハンマー 40,000 キルチームをプレイするために必要な駒。
1箱に複数のミニチュアが入ったユニットボックスや、大型モデル1体のみが入ったもの、1つの勢力で遊ぶために必要な様々なモデルが入ったお得なボックスセットや、対立する2つの勢力が入ったバトルセットなどがある。
どれも未組立・未塗装のプラモデルなので、組立にはニッパーなどの工具が必要となる。
ゲームをする際に必要なミニチュアの数は、遊び方やルールによって異なる。

ダイス、インチメジャー

ダイスメジャー.jpg

ウォーハンマー 40,000 キルチームをプレイする上で最も重要なアイテム。
このゲームでは、兵の進軍のスピードや攻撃の成功不成功、装備している武器の効果やダメージ値など、ゲーム中に起きる様々な出来事を、主に六面体ダイスを使って判定する。
また、使用するミニチュアによって移動出来る距離や攻撃の範囲が異なり、それぞれが数値で表されている。これらを実際のテーブル上で測って判定する際に、インチメジャーが必要になる。
専用にデザインされた物も販売されているが、ダイスは1~6の数字がわかるもの、メジャーはインチ表記のあるものであれば良い。
ウォーハンマー 40,000 キルチームでは20面体ダイスも使用する。

データシート

data.jpg

データシートは、ウォーハンマー 40,000 キルチームで使用するミニチュアの能力が記載されたデータシート。数値で表された武器の威力(主にダイスを使う)や、特殊能力を用いて対戦する。ゲームにおけるミニチュアの簡易的なコスト(パワーレート)も記載されている。
ミニチュアが所属している勢力についての詳細なルールの載った書籍で確認することが出来る。
ウォーハンマー 40,000で使用するデータシートとは異なる。

ゲーム体験を豊かにするもの

キャンペーンブックや書籍

書籍.jpg

 

ウォーハンマー 40,000 キルチームのゲームを拡張するためのルールブック。
舞台となる暗黒の遠未来における、歴史を揺るがすほどの戦いや出来事についての物語にくわえ、それらをテーブル上で追体験するためのゲームルールなどが収録されている。

シタデルカラー

https___trade.games-workshop.com_assets_

 

暗黒の遠未来を生きる魅力的なミニチュアをペイントするのに適した水性の塗料。
溶剤を使用せず、水だけで薄めることが可能、臭いもないので、フィギュアの塗装にはじめて挑戦する人も安心して使用出来る。ほとんどが筆塗り用にデザインされている。
ミニチュアの箱や関連の書籍には、使用したカラーやペイントの手順などがしっかりと紹介されているため、少しのコツさえつかめば、自分が塗り上げた、世界にひとつだけのオリジナルミニチュアのペイントを存分に楽しめる。

ゲームテーブルと対戦相手

ウォーハンマー 40,000 キルチームは、各種ミニチュアに加え、そこそこの広さがある平らな場所が必要とされるため、快適なゲームプレイのためにはある程度の場所も求められる。
また、ゲームに使用する駒としてのミニチュアだけではなく、ウォーハンマー 40,000のエピックな戦いをテーブル上で再現するための魅力的な建物や情景のモデルも販売されており、臨場感のあるプレイとSNS映えには欠かせないアイテムとなっているが、いかんせん値段も高い上にとてもかさばる。
東京都文京区千石にあるジャイアントホビーには、これらがほぼ完璧に揃った常設のテーブル4卓に加え、ペイントブースやビール、ソフトドリンク、ホットドッグ等を楽しむスペースを完備。
定期的に開催されているゲームデイの他にも、対戦相手を募集して探すことの出来るコミュニティツールもあるので、是非とも利用したい。

1/3