ウォーハンマー:アンダーワールド
をはじめる
underworld.png

ウォーハンマー:アンダーワールドは、ウォーハンマー:エイジ・オブ・シグマーの世界である<定命の諸領域 ーモータルレルムー>を舞台に繰り広げられる、様々な種族の戦いをテーブル上で再現するターン制のカードゲームです。
専用に用意されたミニチュア、数体のミニチュアからなるウォーバンドと、専用のゲームボード、プレーヤーが各自構築したカードデッキを持ち寄り対戦します。

このページでは、ウォーハンマー・アンダーワールドをゼロからはじめる際に必要な物や、楽しく続けるためのアイテムを紹介します。

絶対に必要なもの

基本セット

set.jpg

ウォーハンマー・アンダーワールドを遊ぶために必要な物がすべて入ったスタートボックス。
プレイヤーが各ターンで行える、ミニチュアの移動、攻撃方法などの戦闘の手順が記載された基本ルール、ゲームに必要なカードやミニチュア、ダイス等がすべてセットになっており、簡単なミニチュアの組み立てのみですぐにウォーハンマー・アンダーワールドで遊ぶことが出来ます。
ミニチュア、基本のカードデッキもすべて2人分入っているので、1つのボックスで対戦することも可能。
2021年7月現在、ウォーハンマー・アンダーワールド:ダイアキャズムが最新のスタートセット。

ウォーバンドのミニチュア、カードデッキ

ウォーバンド.jpg

ウォーハンマー・アンダーワールドをプレイするために必要な駒とカード。先述のボックスセットのほか、ウォーバンドの専用のミニチュアと専用のカードなどがセットになった拡張セットも販売されている。
ミニチュアは接着剤不要の簡易キットとなっており、ウォーバンド毎に単色のパーツで出来ているため、ペイントをしなくてもすぐに遊ぶ事が出来るのが特徴。
ゲームをする際に使用するファイターのミニチュアの数自体は、使用するウォーバンドよって異なるが、1セットのみで完結しているのも魅力のひとつ。
基本セット内のカードと、拡張セットに入っている共通カードを組み合わせる事も可能。

ダイス、トークン、ゲームボード

dice.jpg

ウォーハンマー・アンダーワールドをプレイする上で最も重要なアイテム。
このゲームでは、攻撃の成功不成功、魔法の効果やダメージ値など、ゲーム中に起きる様々な出来事を、六面体ダイスを使って判定する。
ダイスはウォーハンマー・アンダーワールド用にデザインされた特殊な六面体ダイスを使うため、専用のダイスが用意されている。
ゲーム中に条件を満たすことで手に入れることが出来る栄誉点を競うゲームであるため、それらを表すためのトークンや、ファイターの状態を表すトークンがあると便利。
ゲームボードも専用のものが用意されており、ゲーム開始時のゲームボードの置き方によってゲーム中の戦術も変わるため、自分で用意する必要がある。
それぞれ基本セットに封入されているもの以外に、バラ売りもされている。

ゲーム体験を豊かにするもの

シタデルカラー

https___trade.games-workshop.com_assets_

<定命の諸領域 ーモータルレルムー>を生きる(死んでいるものも含む)魅力的なミニチュアをペイントするのに適した水性の塗料。
溶剤を使用せず、水だけで薄めることが可能、臭いもないので、フィギュアの塗装にはじめて挑戦する人も安心して使用出来る。ほとんどが筆塗り用にデザインされている。
ミニチュアの箱や関連の書籍には、使用したカラーやペイントの手順などがしっかりと紹介されているため、少しのコツさえつかめば、自分が塗り上げた、世界にひとつだけのオリジナルミニチュアのペイントを存分に楽しめる。

ゲームテーブルと対戦相手

ウォーハンマー・アンダーワールドは、各種ミニチュアやカードに加え、そこそこの広さがある平らな場所が必要とされるため、快適なゲームプレイのためにはある程度の場所が求められる。
また、ゲームに使用する駒としてのミニチュアだけではなく、ウォーハンマー・アンダーワールドの魅力的な戦いをテーブル上で再現するための魅力的な建物や情景のモデルも販売されており、臨場感のあるプレイとSNS映えには欠かせないアイテムとなっているが、いかんせん値段も高い上に、正直あってもなくてもゲームは可能。
東京都文京区千石にあるジャイアントホビーには、これらがほぼ完璧に揃った常設のテーブル4卓に加え、ペイントブースやビール、ソフトドリンク、ホットドッグ等を楽しむスペースを完備。
定期的に開催されているゲームデイの他にも、対戦相手を募集して探すことの出来るコミュニティツールもあるので、是非とも利用したい。

1/3