筆を手に取り、色鮮やかなペイントを施し、「世界にひとつ!あなただけのミニチュアが今、あなたの手の中に!」と、すぐにでも素晴らしさを実感していただきたい気持ちは山々なのですが、何事にも準備は必要です。

この項では、ミニチュアに綺麗なペイントをする前にしておきたい、いくつかの工程をご紹介します。

今回は我がジャイアントホビーオリジナルゲーム「DORASURE」に登場するメタル製ミニチュアを使用例として説明していきます。

 

パーティングラインを処理する

 

 

 

では、早速参りましょう。

写真の帽子に走る線をご覧ください。

ミニチュアにはほぼ必ず「パーティングライン」と呼ばれる、このような出っ張りがパーツ成型時に生まれてしまいます。

これは本来のミニチュアの造形とは関係ない、意図せず出来てしまった部分なので、これを処理していきます。

こいつが何の処理もされずにそのままになっていると後に説明する「ウォッシング」や「レイヤリング」の時に変に目立ってしまうので、よく観察しながら綺麗にしていきましょう。

しかし、このラインが目立たないよう、緻密に計算されたすばらしいミニチュアもございます。素敵!

それでは実際にやってみましょう!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

パーティングラインが確認しやすい向きに持ってしっかりと指でミニチュアを固定し、模型用の鉄ヤスリを使ってパーツに沿って丁寧に削ります。

 

 

 

 

 

 

凹凸が多い箇所や、ヤスリの入らないような細かい箇所は、デザインナイフの刃を面に対して垂直に当て、カンナがけのようにカリカリと削ります。

メタル製のミニチュアと聞くと、硬くて難しそうなイメージを持ってしまいそうですが、パーティングラインを処理するくらいであればサクサクと削れるので、あまり身構えずいきましょう。

しかし、刃物や尖ったものを扱うので、ケガにはご注意ください。

 

 

 

 

 

 

 

 

パーティングラインとはまた別ですが、バリのようなものがパーツにくっ付いている場合があります。

小さいものであればヤスリやデザインナイフで処理してもいいのですが、無理に力を入れるとミニチュア自体を傷つけてしまったり、手をざっくりと切ってしまうこともあるので、ニッパーで切ったあとに少しずつキレイにしましょう。

 

 

 

 

また、必須ではありませんが、メタルやレジン製のミニチュアの場合、ここまでの工程が終わったら最後に、なるべく細く、やわらかいワイヤブラシで磨いて、表面のこなこなしたものを落としてあげます。

ペイントに入る前にこれをしてあげると、ペイント中・ペイント後の塗料の剥がれ等が起きにくくなりますし、軽く表面をならすことで塗料の食いつきも良くなります。

しかし、だからといって力の限りガッシガッシとこれをやってしまうとせっかくのミニチュアが傷だらけになってしまうので「繊細かつ大胆に」くらいの気持ちで行いましょう。

プリンスも心なしか嬉しそうです。

さて、これでパーティングライン処理ならびに表面処理が終わりました。

もし仮に、この後行う下地塗装や実際のペイント中に処理し忘れたパーティングラインやバリが残っていても、リカバー出来る(もしくはあまり目立たない!)のがミニチュアの良い所なので、あまり神経質になりすぎず気楽にいきましょう。

この工程でじっくりミニチュアと向き合うと、これからペイントをするミニチュアへの期待がより一層高まること間違いなしです。